第三話,自作毛皮バイブ,ファー・バイブIII,29番サロゲート

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回からの続きです、

ちょっと難しくて足踏みしてました。

 

私は毎日の様に自作ルアーを

あーでも無い・こーでも無いといじっているが、実際はこういうのって分業が基本。

技術も才能も希薄な釣り少年の成れの果てのオッさん一人の力では中々先へは進まない。

それに特筆すべきは失敗率の高さヨ!

日本人って、繊細で几帳面で、律儀で・・・。って、それに当てはまる典型的性格ならとっくの昔にノイローゼなはず。笑 

まず、さしたるプライドも無く、失敗しちゃった自分を笑える、ツラの皮の厚さ。

ゼロから何かを作ったり、

偉大な先人の創作の改良(改悪?笑)・派生させたり そういうのって、とても楽しいし、

失敗して当たり前と思える挑戦が無謀であればある程、頭の中で知恵の輪の様に一人押し問答するのが楽しい。

とて、

 

こうやって私のブログを見てくださる方が意外に沢山いてくださって、

創造が足踏みしたりすると

 

失敗を笑えないわ!

他人のネタを見て参考にする事もできないわ!

記事自体がオモロない仕上がりになって来る。

ホンマスンマセン!汗 

 

チョットトンネル抜けました!

ダコール31はいけそう!

センジュ88ソリッドシンキングは

どうやらリップ(胸びれ?スタビライザー?)をもう少し大きくするとバチッとセンジュ特性が発揮されそう。

そしてファーバイブも

IIIでかなり分かりやすい着地が出来そうです。

 

毛の効能

例えば、一般的なメタルバイブレーションでも、テインセル付きトレブルフックをリアに装着したら、ソレが、どハマりしたなんて事は多い方も多いと思います。

結果その類って、水の馴染みが増してバイブレーション自体の揺らぎが滑らかになってより自然になっている事が想定されている。

コアマン さんのIP25とか、オルタさんのモンキーロックバイブの羽付き仕様とかそういうのを愛好なさってらっしゃる方ならよくわかってくださるかと思う。

それにリアに毛なと羽なとが有ると、バイブの沈下が滑らかにゆっくりになる、

素のバイブレーションのリアクション的フォールと毛付きバイブのフォールでは同じルアーでも毛色がかなり変わったりするんですよねぇ、

毛だけに!笑 

 

本体がやっと完成 

型を一回作ったけれど何かパッとしなくて一からやり直して、やっと本体迄戻って来れた。

そもそもバイブレーションのアクションって

スプリットリングでフリーに接続させたトレブルフックの抵抗や重量を下部に残して本体が振動する事によってより発現する場合が多いので、

元々その機構が無いファーバイブIIIの場合、茨の道で有るのは必定。

その上ファーが水を吸った状態って

結構それ自体に重量的ボリュームがあったりするので、完成したら失敗、中途半端な失敗って

結構やって来た。(記事にし難い様な失敗)

そもそもジグヘッドフック自体、スムーズにジグヘッド自体が直線的に進行する様なアイバランスになっているので、

このバランスのままバイブレーションさせるのって結構難しかった。

一時期はフックのアイ自体を無視した骨を作ろうか?とも考えたが

何とか踏みとどまりながら、ヤット完成!

ステンレスの骨を折り畳んでジグヘッドフックを挟む。

んで、

オモリを配してモデナソフト(浮く樹脂粘土)をボディとする。

ファーの固定に接着剤も使うが、

あらかじめ骨に通していた針金を使って挟み込みより強固に。

んで、出来た!

仕上がりが残念ながら、繊細に出来た物としてご覧下さい。笑

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA