第六話,自作ミノー,センジュ・ソリッドシンキング

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今年の阪神間の天気は変だと感じる事が多い。

梅雨が早々と来て

開けたかどうだかわからない感じの

今がそうだし、

春の時期も寒いと感じたり、天気が悪くてどうこうという日が多く、

お日様に当たった日が短いままに

夏に突入しそうな感じ。

慣らし無く炎天下をウロチョロって

夏がキツく感じたりするんじゃないか。

晴れ男・夏男なのに?

私も、

もう結構なオッさんだし、

用心!用心!笑 

さて、

センジュソリッドシンキングはぶっ飛ぶし、水中をフラフラ漂えるし、

アップクロス放置では完全に水流と同化するし、

それはそれは出来の良い・・・。

アレっ?

シンペンやん!という事で

巻いてる間にヌッとレンジが入る感じと、どんなスピード帯でもスラロームするという、

ミノーとしてのセンジュ特性が薄い事に気付いてしまった。

 

センジュ88ソリッドシンキングtake3の有り余る優位点 

しかしながら、シンペン的だと言っても

センジュ88ソリッドシンキングtake3には有り余る優位性があり

『良く飛ぶシンペン的な物』としては、詰んじゃってる感が有る。

①水平姿勢遊泳 

②クッキリとした、水平ハイピッチシミーフォール 

③かなり飛ぶ、無理なく飛ぶ、飛ぶために産まれたぐらい。笑 

④水中を彷徨う、

 転じて、短時間のステイがロッド操作で簡単に出来る。

⑤ぶっ飛ぶブツなのにミノー程度の沈下速度、

巻いてシンペン的上昇軌道なので、ややこしい所も臆さず通過させやすい。

と、

ボツにするにはあまりにも優れたルアーである。

しかし,まぁ逆に言うと

リップのワイド化とか意味が無い様に思えたし、

挙動特性は

ほぼほぼシンペンで有る。

 

飛距離感はまだ余裕が有る

全金属でないブツとして、マックスに近い飛距離が出るコレ。

センジュ88ソリッドシンキングtake3

例えばメインウエイトをヤヤ軽くしたら、

リップの水圧を全体に反映させる事ができるのでは?と、考えた。

実はtake3 の後にtake4は実験済みで、

コレはルアーの姿勢を前傾に振ったらリップの影響力が増すのでは?と試したが、

やはり全体の重さが

リップの効果を微小にしてしまっていると判明。

だからtake4はすぐに崩して、

そのままtake5に行くぞ!

続く

最近の奴,南甲子園浜,釣行記,って言うか・・・。

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

関西の阪神間で生活していると、

マァ、チョットした都会で、

住みたい街の

ナンバーワンの芦屋と

ナンバー2の西宮をウロチョロしたり

生活したりしているわけだから、

ソレはそれで恵まれているんだろうけれど、

釣り師的目線で言うと、

日本海側とか、四国とか中国地方の情報、なんなら東京湾の情報とて羨ましかったりする訳で。

西宮・芦屋の湾奥って、快適に公園化されたりしている場所が凄く多く、

車を駐めるとか、トイレとか、不自由しなくていいし、

別に釣れなくても、相応なマリンレジャー感を満喫した様な気分になったりもする。

しかしマァ、

最近の私が訪れた際の南甲子園浜の

ベイト通らない感は

例年水準で言うと異常で、

よくよく見たら沖でなんか工事的な事をやってる感じ。

人口増加と経済発達に伴い、

海に囲まれてはいるが国土が少なかった日本。

政策的に沿岸部を埋め立てて、新たな土地を確保する作戦は以前は妥当な判断だったのでしょう。

実際

南甲子園浜も埋め立て地で、

西宮ケーソン,南芦屋浜、

なんなら芦屋浜から南側は全部埋め立て地で

その恩恵って

釣り師的にも、たくさん受けていたりするんだろうけれど、

もういいんではと思ったりする。笑

釣り人的には

海は深い方が魚影は濃くなるだろうし、

埋め立てたい方はどんどん海を浅くしていくだろうし。

川を弄って、沖を弄って

水が荒れて、一雨降ったらアカン濁りが露呈する。

コリャ夏は期待できませんな。

 

さてさて、

それでもめげずに、最近の奴で実釣だ。

 

ファーバイブIII

コレは良い!

釣れるんだと思う。

これだけ渋い時でも、

アタルのはアタル。

マァ、早く、トレブルフックバージョンのIVを作らないといけません。

 

ダコール31

スピン版はほぼパーフェクトだが、

ワーム版は真水と海水の比重の変化でお風呂テストの様に

思った姿勢にはならなかった。

マァ想定内ちゃぁ想定内。笑 

 

センジュ88ソリッドシンキング

コレはかなり残念な結果に。

リップをワイドにした意味が全く無かった。沈!

しかし、残念と言っても、

こう言う極端な事をやって行くと真理が見えるというメリットも有る。

姿勢良くぶっ飛ぶ感を損なわず、

メインのウエイトをやや下げて、浮力との微妙な黄金比を調整すべし!

コレ海で完璧に仕上げたら恐ろしい私のエースになるだろう。

現状でもシンペンとしては有り余るポテンシャルではある。笑

イャァー、って言うか、単純に釣れへんデェー!爆!