コアマン さん,アイアンプレート,ありがとう!

コアマン さんのアイアンプレート。

その完璧なフォルム、姿勢、動き、飛距離、沈み具合、上昇具合。

素人ビルダーの私でも当然の様に早くからその設計の完璧さにビックリする。

一つだけ開けられたラインアイ。

1ミリ後ろでも前でもない。

ウェイトの造形、前を少し重たくしてもいけないし、後ろを弄ってもいけない。

鉄板の厚み、

比重、

フック、

それら全て繊細に決定されてアイアンプレートになる。

何か変更してしまうとそれはアイアンプレートではなくなる。

そして私にはアイアンプレートが必要だ。

そして逆にアイアンプレートではなるべく釣りたくないとさえ思える。

釣れてしまいそうだから。

デイゲームでコアマン さんというのは本当に間違いない。

ルアーにインストールされたメソッドに死角はほぼ無い。

ルアーフィッシングの醍醐味は色々なルアーを使って、

アレが良かったコレが良かった、でも、こういうところはこう!とか思いを巡らせる、という要素も大きい。

しかしデイゲームの場合、正直、様々な局面で最右翼はコアマン である事は多く、

誰かに

『コアマン 良かったですよ!』なんて言ったら、

ど初心者の方以外はキョトンとされてしまうだろう。

釣り人は釣り人でコアマン 壁を越えようともがいている。

そして私の場合、諦めきれないポイントで早く自分の執着を断ち切りたい時、決まってコアマン を使う、

コアマン でダメなら場所替え決定。笑

そして、私のシーバスへの扉を開けてくれたアイアンプレート。

ありがとう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA