御前浜,釣行記,センジュ,ギリフローティング,シーバス

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

緊急事態宣言が解除された大阪は人通りが戻りつつある模様。

みんなが

『絶対に風邪をひいてはいけない3ヶ月の研修期間』で

かなりの感染症予防モラルとスキルを習得した。

結果、

経済的にはコテンパンにやられて心も荒む様な状況であっただろうけれど、

そして始めの頃は慣れないパンデミックにもたつき感はあったにせよ、

『あっ!ヤバイ!』となって全貌を理解し始めた

そうなった時の、日本人の順応性はピカイチ!

『秋の第二波』なんて言われているが私はチョット安心している。

 

悪質な誹謗中傷・差別・詐欺など

マスコミが報道して、問題視しているが、

そんなもの本当一握りの

『変わった人』の問題的行動であって、

日本にいる方の大半がそれこそ『和の精神』を源に

何なく支え合い、

助け合い、

情報を交換し合い、

困難を乗り越えようとしている。

 

そして大半の方の行動原理は

秩序と愛で溢れている。

 

そんな中で、

環境悪い・経済的困難・世知辛いとか言って嘆く日本人。

どれだけ水準値を高く見積もるおつもりか?笑 

コリャ!

この先逆に

日本は経済的にまだまだ有望といえますな!笑 

 

私の愛車は15万の中古車で

先進国では余り見かけない仕上がりでありますが、爆。

300万円前後の車で渋滞している、176号線を見て

『日本が貧しくなっている』なんて感覚は微塵も湧かない。笑

ソレでも嘆く人は総理大臣やIT社長になっても嘆くのでしょう。

大半の方は自分の居たい場所に居られているのでは? 

ソレをとりあえず、満足・納得しないと

充足なんて一生来ませんからぁ〜ぁ!爆 

 

15万の車も色々残念ですが

ソレはソレで楽しいですよーだ!

 

さて!

お話は15円のルアーのお話。笑

 

デビュー曲『センジュのウネウネ』が

ミリオンセラーになり、爆 

西宮の埋め立て地で悪事ばかり働いていた不良は一夜にして

セレブの仲間入り。

(訳:『ズット、バイブレーションばかり作って来たが始めにチャレンジしたミノーがテスト段階でナマズ爆釣』って次元が違い過ぎるヤないカァーィ!)

何とか頑なに

『素材はバルサで』に拘った結果!

デビューは『ギリ・フローティング』を完全に把握して仕上げる!に拘った結果!

(その次は『ギリ・シンキング』そして『シンキング』『エキストラシンキング』と順次仕上げていく!)

ギリ・フローティングがほぼ完成です!

『天才始祖のセンジュ・センジュアガチス』はウエイトが2.3gのタングステン。

ソレに対し

『バルサのギリ・フローティングセンジュ』は

鉛と真鍮を使い合計5g。

飛躍的ウエイトアップで飛距離も1.5倍!と手放しで喜びたい所ですが、

イヤイヤ!

『このパッと出のアマチュアルアービルダー!ミノーの世界観・侮るな!』的な。笑

 

塗装・コーティングが残っています。

こんなもの

0.1gの攻防戦の中!

ルアーの傾斜角度がモノを言うセンジュのバランス沙汰。

シーソーの相手がマナさんからカナさんに変わっただけでシーソーの傾きが変わる次元の中で、

脆弱なバルサを強固にコーティングしていくとなると、

事情が変わってくる事は火を見るより明らか!

しかし

塗装やコーティングって明らかに全体負荷。

比較的計算はしやすい。

んで!

ナマズハンとの格闘で半ばボロボロになってしまった、

『センジュ・ギリフローティング』を持って御前浜へ!

ナマズが何匹釣れようがコレ!

シーバスが釣れてナンボの開発なので!

チョット最近酷使し過ぎて、

ボロボロになった『センジュギリフローティング』

しかもバルサが無垢ゆえ、セルロースセメントではなく

武庫川の水を吸い込んでしまって、スローシンキングになっています。笑 

どうしても海と川では相対的距離感の具合が変わり

『本当にコレ満足に飛んでいるのか?』と言う客観的飛距離を検証しないといけません。

そして御前浜に参上!

緊急事態宣言が解除されるや否や、又元の感じに戻った御前浜。

しかし、やっと『我が御前浜』感を帯びた風情。

武庫川で様々な算段は付けているものの、海の潮、水の比重で思わぬ落とし穴も存在する。

そしてナマズがバコバコ反応するからと言ってシーバスハンが反応してくれるとは限らない。

さて!

1番難しいギリフローティングバージョン!

海で完璧に仕上げるぞ!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA