第九話,自作バイブレーション,29番サロゲート 候補,ファー・バイブ,毛皮のバイブレーション

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

やっと暖かくなったと思いきや緊急事態宣言って、本当に弱った話。

不安は付き纏うけれど、

やる事ちゃんとやって、ドンと構えるしかありませんわな!

少なくとも、私一人か何かやってどうにかなる状況でも有るまいし。

さてさて、

ファー・バイブIIはちょっと大きくなっちゃった風だけれど

私・世界観では超複雑機種。

根掛かり対策も考慮しないと、ややこしい場所を果敢に攻めるという次元に辿り着けません。

ジグヘッドフック版のIに比べて幾分根掛かりリスクは増すとしても、

まだまだ有望なダブルフック仕様に。

そして今回は固定板。ファー固定用の3ミリ代のステンレス棒、その最終地点がフックアイを通すシステムにする。

そうすればダブルフックが固定治具にもなるという寸法。

 

毛皮部分を最大限に活かす工夫

それはいんですけれど、悩ましいのは毛皮の部分をいかに活かしていくか?ということ。

ゆえにバイブレーションの本体部分は極細で有る事が望ましい。

これ、

視認性的にはバイブレーションの波動が有るし、デフォルトカラーを黄色で目立たせる想定にしていますので、心配ないのですが、

逆に形的にイビツで有り過ぎると逃げられるんじゃないか?と思う。

『何か分からんがくってやろう!』と思わせるには、

バイブの本体部分は極細にして、全体的シルエットをなるべく食わせ感満載にするのが無難。

テンション下での水平バランス

前方重心が大前提のバイブレーション。要はテンションを抜いてからどれぐらい水平の時間を稼げるか?っうのがキモだったりもする。

幸いファーが有るという状況って、挙動の推移が何段階もズレたりするだろうから、少なくともフルテンション下での推進は水平を保ちたい。

それにド派手に背中にファーを設置する都合上、水平であってもやや前傾に見えるはず?

ここ、このバイブのチート化を目指す上で一つのキーとなる様に思います。 

んで、一応これで試す。(なんだかコンマ感。笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA