第七話,自作超ミニスピン,一口スピンII,南甲子園浜,テスト

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

前回の続きです。

一口スピンIIはただいま海中に。笑

そこそこ遠投できて、フォルムは45mmで、

テールの回転がフリーフォール時には発現しないチュウのはある意味、

投げては巻きを

あらゆるレンジで

テンポ良く繰り返すのには

優位であると言える。

そもそもスピンテールのフリーフォールって、それを達成した時点でチョットした自慢?

弱点はスイベルが埋め込み固定である事?

市販品なんかだったらスイベルが自在に交換できる仕組みはマストである模様で、

仮にそんな時が来たらそれはそれで考えれば良い沙汰。

今はスイベルのボディ固定側をレジンで埋めチャウで充分。笑 

ボールベアリングスイベルの

回転の桁違いのスムーズさに

なびいたけれど、

高価で有るし、

あまりスムーズに回り過ぎるのもフリーフォールスイスイ沈下効果とか得られなかったかもしれない。

今となっては、

ケチ万歳!って感じだ。

 

早く!水中のブツを巻きましょう!

そうそう!

このブログの時間軸的には

ひとくちスピンIIは海中にあり、テンションフォール中。笑

 

いくらノントラブルで理想的な沈下の振る舞いをしたところで、

ブレードが理想的に回らなければ元の木阿弥。笑 

一口スピンIIを巻きましょう。笑

『ズーーーー』

オッ!

ええやん!

『15mm程度のステンレスのブレードを強い波動を出して存在感が薄くなるネガをプラマイ0にする作戦』

とりあえず成功!

遊泳姿勢は水平で、良し!

ロッドアクションを入れてもトラブル無し! 

規模が規模だけに強い波動と言っても

俯瞰で見るとハイピッチ、微振動の部類に。

魚影が極端に少ない感じのその日の南甲子園浜。

コレ好調時の海での終盤の詰めにかなり活躍するんじゃ無いだろうか? 

最近の私は

海でチャターとか言っているけれど、

これだけ小さなブツが海中で『ズーーー』と水平進行するなら

クリアチャターも正調ズーの幻沙汰も追わなくていいようなもんだが、

バイブレーションの『場』と

スピンテールの『場』は

明らかに別モンであって、

何より見た目が明らかに違うだろう。

しかしマァ!

なんと静かな雨の南甲子園浜。

活性が有ったら絶対に一口スピンIIで釣れてた様に思う。

 

調子に乗るのが私のキャラ

調子に乗るのが、

長所で有り、短所でも有る。笑 

45mmのスピンテールを30mmにすべく、

作成したクリアブレード。さてさて、

次はこちらのテストでございます。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA