邪道,クルクル・ファーストアタック,インプレ,南甲子園浜で明確に見えたレジェンドの風格

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

別に西宮市民だからという訳ではないんですが、

私は大の邪道さん好き。

ヨレヨレなんて、ソコから何かを改良したり

『こう有ればもっと良い』なんて意見が全く浮かばない、

一つの到達点。

 

一日中単独ルアー縛りを想像すると

仮に

水深3mまでの湾奥で市販のプラグ縛りで釣りをせよ!的な企画があったとしたら、

ヨレヨレかな?って思うし、

ある一定の条件下でヨレヨレをつけちゃうと、

ヨレヨレからルアーを変える理由って、

アクションでは無く、

実質的にカラーバリエーションが揃わないから、

だけの理由であったりする。

蝶々という幻の金系ホロカラーリングがあったりする様で、

それが欲しくて探しているんですが、

おそらくボディ真横にスリットが有る構造上、

熱圧着の仕上がりが難しくなるんだろうか?

しかしヨレヨレのホロなんてデイゲームのリサーチで無敵なんじゃないか?と思う。

仮に価格が1.5倍増しになったとしても持っておきたい。笑 

 

仮に鉛系もアリだとした場合。

バイブ好きの私はバイブを使うだろうけれど、

結果、魚達が申し合わせたかの様に

『バイブ無効な日』っうのが有って、

縛りの中、バイブを選んでしまうと一日アウトとなりかねない。

結果ヨレヨレになる確率は高そう。

 

10投縛りならどうか?

コレ、

10投縛り(ローテーション有り)ならどうか? 

バイブ無理を3投で見切り、

後7投。

寄せ的には薄い目のシンペンやワーム系って、余程確信が無ければスルーしたくなる。

高活性な魚がこの辺りにいるであろう的な場所を何通りか試すには

スピンテールに望みを託すんじゃないかと思う(あくまでも自作マユ系使えないとした場合)

3投はただ巻きか

ふわっとストップ&ゴーで探り。

その後、止めてからダートとか軽いジャークとか試したい。

 

ここでどのスピンテールを使うか?

ここで、スピンテールの機種の問題が浮上する。

通し方がアップかダウンか?にもよるけれど、

巻いて良し、止めて良し、ロッドアクション良しとなると、

クルクル・ファーストアタックかな?って思う。

残り7投、

様々なレンジをただ巻き系で3投探り、

後4投。

ココかな?と思った場所でジャーク&フォール系で見せる。

コレ!スピンテールでやるならクルクルファーストアタックでしょとなった。

 

トラブル耐性検証

南甲子園浜でチョットこのルアーに驚き、

意地悪な検証をしたくなった。

ある程度、

場所替えが確定した状況で

クルクルを沈めて結構自由にシャクリまくった。

まぁァー!トラブら無い!

あれ?クルクルって、

近頃のスピンテールの扱い方として、大適合しているんじゃないか? 

どちらかと言うとクラッシックな定番ルアーだとイメージしていたけれど、

あれ?1番新しいかも?

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA