D’accord 31,ハイブリッド,フック可動式,ペンシルヘッド

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私は幼い頃から青い空が好きで、かなりのガキ大将であった。

今も行動ありきの振る舞いは変わらない。

しかし、臆さず積極的な性格って、たまには得する事もあるが、

本当はかなりのリスクを伴い

痛い目に何度も何度も遭っている。

 

社会人としての節度を要求され、

余りにも自由奔放な性格を、

自覚して矯正しようとする中で、

大人になり

『自分を守る自分』が発現する。(乙さん、笑)

 

しかし、

ソレも自由で積極的で何にも臆さず、後先考えずグイグイ進んで行く甲さん的私を、守る術であって、

本質的には私は甲さんなんです。

 

小学生の時に体育館などで集会と言うか全学年朝礼みたいなもんがあって、

体育館の床にザブトンも無く整列して座って

先生方の話を聞くというやつがチョクチョクあった。

ソレが、不満でどうこうチュウ事はなかったんだけれど、

ギュウギュウ詰めで体育館に座るのって、

窮屈で、空気悪い感。

 

しかし、

私の背後で大きなスペースが空く、

 

その場所を確保すべく頭からダイブ。

 

実はソコ、

同級生がオシッコを漏らした後だった。爆 

イヤイヤイヤ!

 

ブルーオーシャンの罠

なぜこんな話をしたかと言うと、

かなりのオッさんになった今でも

その行動原理って変わって無くて、

なんか空いている所に目が行き、心が動き、そこで何かやらかしたくなる。

釣りで言うと『竿抜け』だったり

世間ではそういうの

『ブルーオーシャン』なんていうらしい。

 

んで、

自作ルアーで、

ずっと気になりこだわったりしているのが、

ペンシルタイプのハイブリッドと言うか、プラグタイプのジグヘッド。

 

コレに目を付けて幾度と無くチャレンジしていると、

なぜ?世に多くのそういうのが出回らないか?

痛いほどわかったりする。,笑

 

結果、ペンシルにしても、

バイブにしても、

背中からお尻にかけての水圧とのせめぎ合いにキモが沢山隠されていて、

その部分を上下可動式にしたり、

ワーム素材にしたりするとロクな結果にならない。

そう!

ロクな結果にならない 

けど、

やっちゃう!笑

 

んで、ジグヘッド的なものと、シンペン的なダコールみたいな使い勝手のいいとこどりできないか?なんて考える。

しかしこれまでのマユ・ダコール路線だと

ラインアイ以降の背中で水を受けている状態の恩恵が高かったのか、屋根を付けないといけない始末。笑 

それはそれで温めるのもやぶさかでないが、

もっと単純にバイブ感覚で使えるようなシステムを確立したいところ。

要はなんだか、マユ・ダコール路線の成功法則の継承をさせて楽してやろう魂胆が逆にシステムを複雑化させていくフェーズになりかけていたから。

イヤイヤイヤ、結果親ルアーを吟味していって、

オフセットでリアにワームを装着しようが、ブレードを付けようが、好きに扱える

無茶飛び31mmペンシルを作ろうと方向変換。

それに31mmでシーバスに楽々耐える、単純なシンペンちゅうのも新し系。

オモロイ。

ハイ!一からやり直し!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA