第二話,D’accord 31,ハイブリッド,フック可動式,ペンシルヘッド

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

この前テレビを見ていたら、

ダチョウの研究をなさっている方がいらした。

ダチョウは怪我や病気の回復力が早く、その効果を卵から抽出される云々。

何よりダチョウって可愛い!

そしてカッコいい。

恐竜いたか?いなかったか?何て言う前に

充分に神秘的でカッコいい、

ダチョウの現物と触れ合う事で、恐竜がいた頃のイメージを体感できる様に思える。

 

私は大の動物好きで、

特に自由奔放に振る舞う動物を側から無責任に鑑賞するのが好き。

しかし、実際自分の家族として迎え入れるのはやや躊躇する。

1番の原因は大抵の生き物が人間より寿命が短い事にある。

 

ダチョウの寿命は60年らしい。

今から飼えば、確実にその悲しみを体験しなくて済む。

でもペットがダチョウって。笑 

実は

新キャラのシュレディンガーチャン。

彼女は新しい家族ではあるんですが、

私自身は画像を妻からもらっているだけで、未だ家には来ていません。

本人(本猫?)は未だなのにお部屋は準備済み。笑

しかし来る前から完全に心を鷲掴みにされている。

 

さて、

禁断のダコール31挑戦シリーズ。

現在、

南甲子園浜のやや深い石畳みから釣る日々ですが、

飛距離とレンジ帯の関係上、

ぶっ飛んで、レンジキープリトリーブとジャーキングの両方が無理なく行えるダコールはメインキャスト化している

マユ程大きく蛇行しないところも汎用性が高い。

コレを31mmまで縮めて、

リアにワームをつけてハイブリッドの様に扱ったり、

31mmの極小シーバス用シンペンとして

なんならジャーキングしたり、笑、

スピンの親ルアーとして活用する的な、

なんとも欲深い目論み。

しかし、

ラインアイの位置がそれほど変わる事無く、

肝腎要の背中の面積が少ない訳だから、茨の道は約束されている様な物。

 

最初の難関 

ダコールとて、マユ型で有り、ボディ形的に前後が明確にならない。

うしろに行くにつれて細くなっていく普通のシンペンと違い、

浮力のボリュームをキッチリリアまで伸ばす事により、

マユ・ダコールシリーズのバランスの個性が生まれる訳なので、

今度は浮いて暴れがちなリアをどう調整するかがポイント。

それに前傾が強すぎると、本体と装着したワームの角度がへの字型になり過ぎて

不自然極まりない挙動になる。

 

んな、中で

 

前傾を嫌い、後方にバランスを置くと、前後がなくなってしまう。笑 

なんならフットボール型のジグヘッドみたいになって訳がわからなくなる。爆 

んでそう言う事を踏まえてなんとか形にした。

今回のリトライは親ルアーが単発でも機能する事に意義があるが、

とりあえず乗りかけた船。

ハイブリッドとしての機能性を詰める。

んんん?

いいかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA