バークレイ,バヒッド,100,インプレ,序章

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間は不安定なお天気で、

暑いやら、

寒いやら、

雨が降るやら、

雪が降るやら、

雷鳴るやら、

家内は機嫌が悪いやらで。笑  

 

バスの釣り番組を拝見してると、ワームのノーシンカーリグなるものが散見され、

ユックリとワームを沈め、進ませてここ一番では逃げるように巻き、また止めて、みたいな釣り方をみる。

シーバス界ではジグヘッドリグが大前提みたいになってしまってて、

マァ、私も

その『居る、魚に反応してもらう確率の高さ』

に対してはイヤと言うほど実感してまったく異論はないのですが、

なんだかその爆発力の向こう側にまだ何か隠されているようで、気になってならない。

そんなこんなで大抵のバチ抜け云々の時期に成ると、

ド・デイのオッさんながらワームの新しい可能性を模索して

さまざまな方法を試す

『フミリグ開発週間』がある。笑

そうこうしていると

『グネグネに拘らずにクネクネにみえて透き通るだけでも有効では?』

なんて着想を得て

『クリアハード』なんて言う

『カチコチハイブリッド』なんて言う、訳のわからん発想が爆発したりもするもんだから、アマノジャクが止まらない。笑 何も背負っていない、素人ヘッポコルアー作りオッさんだからできる試み。

しかしながら、

我らが『巻き巻き流家元』

小沼正弥氏。

超一流アングラーにして、そんなアバンギャルドな着想アプローチから、異質を定番に何度も変えてきた革命児。

常にシーバス界の最保守であり、最革新でも有る。

両端抑えちゃってるオセロゲームに誰も勝てないかの如く。

シーバス界での絶対的存在感はとてつもない。

そんなお父ちゃんが押し捲る『バヒッド100』気にならない訳もなく、  

購入。小沼氏カラーでは富津ベイトが大好きだが、なかったので手堅くイワシに。

イヤハヤ!少々テクはいるものの表層直下ハイアピールもお手の物。食い渋り時の切り札決定!

一緒に来た、この人も楽しみ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA