シマノ,サイレントアサシン80S,インプレ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

雨が降る、若潮の芦屋浜。

しかも、上げ止まりに近い状況が続きそうなタイドグラフ。

でもなんだかワクワク!

そう!

サイレントアサシンが投げられる!

シマノさんの昔のシーバスルアーのイメージはネットで調べるとあまり良くなかったらしいが、

近年は、

様々なテクノロジーの入魂と、

一流アングラーの、

コレでもか?!

ぐらいの磨き上げで、

みんな普通に一通り持っているレベルに急成長した模様。

私の用途で考えると、

サルベージシリーズなどはあらゆる面で考えてバランスの程が良く。

飛んで動いて、レンジ調整も私の様なヘタッピアングラーでも計算しやすく、

何より大抵のシリーズが引き重りがせず、持久戦でも疲れない。

動画や釣果情報を見ていても、

シンペンのトライデントなどは皆さん良く使っていて、釣果を上げている模様。

そしてこのサイレントアサシンに関しては、普通にしていても、賞賛の情報が多々で

「買ってみないと仕方ない!」展開に。

パッケージを開けて、

手にした第1印象は

「軽るっ!こんなの本当に飛ぶの?」

流石の私もあらかじめpeは0.8号、風は余りなし。

1投目、キャスト!

振り始める瞬間に、特許AR-Cのバネ付き重心移動のバネがキャストをアシストするかの様に弾む。

しかしながら、ルアーが飛んでいる間は勿論オモリはバネに張り付いた状態で後方重心の様に飛んでいく。

着水と同時にオモリとボディの慣性は止められ、

縮んでいたバネがオモリを前方に弾き戻している模様。

しかも中空9gの水平に近い姿勢のルアーは止めるとロールしながら真下にユックリと沈んで行く。

!!!

ミノーを余り使わないで自作バイブレーションばっかで釣りをしていたら、いつの間にやら浦島太郎。笑

普通このタイプの沈下をさせたくて、重たい目のシンペンなどでオープンエリアを探ることもありましたが、

実質サイレントアサシンがその役割を兼任してくれるわけです。

「飛びますよ!」なんて言われてホイホイ購入したら、全然飛ばなくて、しまったままなんてルアーも多々ありますが、

コレは本当に気持ちよく飛びます。

そして軌道も自然で減速感もなく、投げていてとても気持ちいい。

そして気になる、動きですが、プリプリと波動を出しながら非常に小気味好いアピールをしながら安定して動き、潜りすぎず、上ずり過ぎずで、早引きでも負担になる様な重たい引き抵抗は有りません。

これならデイゲームの浅場でもストレスなく使えそうですし、

バカ潜り、バカ沈みもしないので、頻繁に使ってもロストしなさそうです。

よかった!

 

さてさてお次はブルーブルーさんのブローウィン80sだ!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA