自作バイブレーション,27番サロゲート ,willow88,その3

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

昨日は『天下御免の晴れ男』の私に土がついた。笑 

早朝から暴風雨。笑

季節が良く、体調も万全なら、カッパ着て南芦屋浜水道辺りを何食わぬ顔で釣り歩くのですが。笑 

とりあえず回復しかけた体調を元通りに戻すまでは、

余り無理はしない様にと釣行は断念。

それならそれでやることは沢山あると、

それなりに楽しむのが私流。

25番クリプト,26番ゴウガシャと超問題児の2つは飛ばして、(本当に実現するのか?笑)

比較的今までの引き出しの中の四苦八苦で完結しそうな、27番ウィローと28番オオルリを仕上げて行く。

しかしまぁ、どうしても早く投げたかったので、とりあえずウィローはおゆまるで仕上げる。

コレ、モデナの白濁した切ない透けぶりも一つの目玉であったが、

こんにゃくっぽい、ラメ入りグレー系おゆまる中のも、なんならアリアリだし。

おゆまると(完全に水に浮く性質)モデナ(おそらく比重値2前後)では起こる事も変わるだろうけれど。

完成! 

お風呂テスト!

このルアー全長88mmでバイブレーションとしてはデカデカの部類。

しかし細々でしかもロール系の体を捻る動作がほぼ無く、

ラインアイを支点とした、純然なウォブリング しかしない。

その理屈は、おそらく頭以降のボディが完全に縦に安定させるキールの役割を果たし、ルアー自体はI 字系にふられている模様。

このニュアンスって1番サロゲート・サテライトのコンセプトに近い。

しかし彼と違って(サテライトは男やったんや!笑)、

彼女は(ウィロー88は女子やったんや!笑)

ウォブリング しかしない。

たまたまだけれどこの理屈って、

細身のルアーをトラブル無く操るには持ってこいで、

フロントフックを背負う系のトラブルが起きにくい事が濃厚。

しかもいつに無くウエイトキンキン迄迫ったラインアイ。

このラインアイを支点にルアー自体は水平姿勢をキープしやすく、

エビリスクもかなり低い模様。

ロールが主体の12番クリアハード甲と

プルプル系のクリアハード乙から

新たに純然たるウォブリング のみの『ウィロー甲』が誕生して、

私の『硬いハイブリッドシリーズ』のラインナップが増えた。笑

本筋のモデナ製で何が起こる?

ウィロー乙を作る気満々だ!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA