南甲子園浜,3月17日,シーバス,釣行記,orテスト?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

この前まで

『大変だ!大変だ!』と

狼少年の如く

『早過ぎる啓発係』(しかしコレも大事)に骨を折っていた私。

変わって現在

『騒がない!騒がない!予防措置さえしっかりしていれば大丈夫!大丈夫!(それより経済が心配!)係』に

配属転換。笑 

何よりスポーツとかアウトドアとかドンドン心配せずにやれよ!的な。(見る人が群れたら心配ですけど・・・)

釣りは一週休んだ私、

テスト物は沢山。

 

私的に想像がつかないマル秘ペン『4番クローバーリップ』

そんなに大きく動く事は無いかとは思いますが、

その微妙であろう挙動の中で一体どんな表情を見せる?

あっ!

そうそう!

もしかして?

天地逆さま疑惑も囁かれる。笑

 

あと、

頭から沈下する、前方じゅうしんのバチっぽいルアー。

前代未聞!(ジグヘッド!ジグヘッド!)

7番も楽しみ。

 

『小さくて重たくて引きオモリしなくてチドる』が到達点の

『プリズム』(本来は御前浜用)鬼門である『メタルバイブ』は良いが見かけがアイピー・シュナイダー的でその部分は『テヘ(ウインク・ベロ出し)(キッショ!)!』って感じ。

しかし私レベルでは綺麗に仕上がった感じ。

 

しかし!

『達成と始まりの季節』は

何かと忙しい!

南甲子園浜に10時到着。笑 

『天下御免の晴れ男』(運)、復活!

 

春らしい爽やかなお天気。

 

何より、

抜群のヘンチョコぶりを見せるクローバーリップが気になる。笑 

『キャスト!』

キャスト感は想定内。

と言うか、

構造がややこしいので

飛ばないか?とも予想したが

結構飛んだ。

 

斜め前に沈下してくれる事も想定内。

でないと・・・

こんなヘンチョコリップは

完全100%『ギャグお飾り』が確定する。笑

 

何故だかいきなり速巻きしてみた。

ダラーんと、浮上して来た。笑

この辺りの挙動は微妙。

 

そもそもボトムスレスレキープがお題では?沈 

イヤ!

しかし!

20gレベルのブツが速巻き状態で

急浮上で無しに

モッサリと徐々に上がってくる

モタモタ感はリップの効。(だよねぇ・・・?)

 

表層を『バホッ!バホッ!』ではなく

『ジャァー!ジャァー!』と聞いたことの無い音を立てて進む。??

 

こんなルアーを見たことないし、

こんな生物も見たことない。

(あかんヤン!)爆

 

イヤイヤ!

わからない!

コレが有効な地合いが有るかも?・・・

 

イヤ!

季節が有るかも?・・・

 

イヤ!

物好きな魚が居るかも?・・・

 

イヤ!

ルアーコレクションの

オチになるかも?

 

(しりつぼみの確信!)

 

イヤイヤイヤ!

『何で俺速巻きしたん?』

的な。笑

 

今度は

ゆっくり巻いてみる。

『ん?良くない?』

微妙にハイピッチウォブリング している。

そしてそのブツはゆっくりゆったりロールする。

『ボラはこんな動きするよねぇ〜!』的な

 

(ホウボウ・ハゼだったのでは?笑)

 

イヤイヤイヤ!

しかし見たこと無い動き!

そして巻き心地。

 

何か得た模様。

いけるかも?

 

そして、

7番『キッショ!ルアー』(呼び方ョ!)

コレは思い通りに再現できた。

(3番を細くしただけでは?構造的には全くジグヘッド+ピンテールワームやん!)←『ダ・カァ・ラ〜!(怒)』 

 

3番譲りの微妙な引き波と微妙なこそばそうな動き。

いい感じの巻感。

巻き感など(感度でもある)魚をガチで狙いに行く上で、甘っちょろい要素だと、お思いのアングラーも多々いらっしゃるかとお察ししますが、

一週間ビッチリ働いて、

海に来て何かを解放しようとしている時に

何度も何度も投げては巻きを繰り返す中、

巻き感が気持ちいい!と、

集中して厳格に巻きを作り出す!

では

明日のご飯ね味が変わるってもんで(何で江戸っ子?)、

余りにも巻き感の無いルアーはいくら釣れようが、

ついつい敬遠してしまう。

(軽い細手シンペンアルアル)

一旦、

一発OKという事で。笑

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA