第六話,センジュ棒バルサ88,四苦八苦沙汰,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

まだまだ収束のめどの立たないコロナ騒動。

三密防げ!家にいろ!マスク着用!県をまたぐな!というか、出歩くな!ナドナド

かなり制限されているが、

秩序豊かな日本人は諸外国に比べて大半の人がそういった注意点を順守してきて、

なんなら予防スキルはかなりのレベルに。

そんな中で徹底しているはずの東京都などは逆に感染者が増加していた。

背景には、スーパーなどでの買い物のパッケージやドアノブ、手すり、キャリーなどの物からの感染が8割位起きているのではないか?との予測も、

現に予防のプロである筈の医療従事者が院内感染などをする、

その背景には、

空気感染や飛沫感染に重点を置いて予防する余り、

徹底した『物による感染の予防』が手薄になっていたかも?との事。

オマケに予防用物資も手薄な中、

東京は病院も多いが人口も多い。

様々な事がゴチャゴチャしてくるのは必然。

確かにコロナは抵抗力の弱いお年寄りを中心に重篤な肺炎になるので、怖いと言えば怖い事に間違いないが、

1番恐ろしいのが医療がパンクすることで、

医療機関に余力があり、それ相応の対応さえ出来れば、健康体の抵抗力の有る人であれば、

自己免疫で治癒し切る事も可能である事がだんだんわかってきた。

とは言え、クスリもワクチンも無く、重症化してからの危険性はご存知通りで、

結局、予防し切る事が必須である事に変わりは無いのですが、

だんだんその注意点たるや、様変わりしてきている。

マスクをした状態で人とキンキンに接する事なく、現在大手スーパーなどが行う感染対策を順守して過ごす限り

空気や飛沫では感染のリスクは少ない。

いけないのは他人が触った物を触る事。

逆にコレさえ守れば放射能や電磁波であるまいし、

危害を加えられるリスクは低い。

そしてこんな最近囁かれ始めた予防策も、

浸透する頃にはみんなで歩いて大丈夫という判断になるかもしれません。

前回も書いた通り、私の暮らしはほぼいつもと変わらずで、

第一線でガッツリ事業でも継続していたら?と思うとゾッとするが、

いち早く消費のムラを解消していかないと、世界は結構ヤバいかも?

 

釣り人がマナーが悪い!ゴミを出す!と叩かれがちだが、

実際大量のゴミを出しているのはマナーの悪いタイプのバーベキュー的な人々で有る事は明白で、

釣り師的なゴミもあろうけれど

それも一部の心なきアングラーであって、

大半の釣り場を愛する釣り師は

ゴミは拾えど、ごみを出す事などあり得ない。(特に私は魚よりゴミをよく釣り、海中を掃除している、爆)

でも、前にも書いたが

風で帽子やら、ポケットに丸めたラインクズが稀に飛ぶ事はあり、

人間行動の事故としてのゴミは出る事もある。

以前、

御前浜で明らかに善意で御前浜のゴミ拾いをしてくださっていた、釣りをしてないオッちゃん。

私が沖の方で立ち込んでいると、オッちゃんの麦わら帽子が海に飛んで行ってしまった。

そこでウェーディングしている私は

『こんな時こそ私の出番!』とばかりに

チョット無理目だったが頑張って海中を取りに行った。

『ご主人!帽子をどうゾォー!』とお渡ししたら

『アー、別によかったのに・・』と。

・・・・・・・・・!

 

イヤ!

ソレ!諦めたらゴミやし!笑

 

イヤイヤイヤ!

脱線!脱線!

とにかく適度な運動になり、

感染リスクは低く、

ゴミも出にくい、

ルアーフィッシング!

 

行政に推奨して頂いてもいいぐらい。

 

ソレを真っ先にダメな集まりの見本の如く

 

釣り師のせいで海の駐車場が閉鎖された、とも取られかねない報道をされて、

 

釣り師の名誉毀損も甚だしい。

 

いにしえの頃より水辺と釣り師はワンセット。

釣りをしない、散歩の人間、ワンチャン、ネコチャンとの触れ合いも有り。

釣り師が一括りにされて肩身の狭い思いをするのはもう沢山。

 

いっその事、

村田基氏・村岡昌憲氏・泉裕文氏 

辺りのしっかりどころが

『水辺の触れ合いを守る党』的なものを立ち上げて、

国政に進出して頂きたい物である。笑 

 

とりあえず一票は約束します。笑 

 

さてさて!

脱線もこれだけ長々と書けば立派な記事である。(のか?)

 

なんとかヘッポコ工房桶テストでは、

アガチス版で見た前傾姿勢を再現出来た。

こんな後方固定重心で前傾になってる理由がわからなかったが、ふと気づいた。

 

逆二等辺三角形のエギ状のフォルムのセンジュ。

尾側ね一辺に沿う様に細いオモリを低重心で配する事により

尾側の一辺が底の設定になり、後方に向けて浮力帯が豊かになるボディ構造の効果で

前方の辺が力的にフリーになる。

そこに少しのウエイトとスナップを付ける事により、微細な重みに反応して前傾姿勢となる。

いわゆる、僕と赤ちゃんがシーソーに乗るとして、赤ちゃんはシーソーの左端、僕はシーソーの右の中心寄り、ここでシーソーは水平になったりする

(シーソーどんだけ長いねん!

ホンデ、赤ちゃん危ないわァーィ!)

 

この作用により前傾になっている模様。

イヤ!この理屈、

この世のルアーに既に採用されているのかなぁ?

(邪道さんのヨレヨレの使いやすさはチョット近い理屈かも?)

そしてソレが分かったところで

何故だか

比重が水の2割(0.2)のバルサ材になると、結構ハードルが上がる。

実質的にアガチス材の時は2g少々のタングステンネイルシンカーが一つの配置であったが、

何故だかバルサになると全体重量を重たくした上で前方にも、ウエイトの配分をしないといけない。

もちろんウエイト自体の全体重量は1.5倍以上にアップしているので多少のキャスト感の向上は有るが、

今度は前方に配置したウエイトが飛行中のブツを揺ら揺ら揺らし始める。

ガーン!アラアラ!コンマ67同様、一筋縄ではまいりません。

しかしここまで来たら私的100点目指してやるしかない。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA